pdweb
無題ドキュメント スペシャル
インタビュー
コラム
レビュー
事例
テクニック
ニュース

無題ドキュメント データ/リンク
編集後記
お問い合わせ

旧pdweb

ProCameraman.jp

ご利用について
広告掲載のご案内
プライバシーについて
会社概要
編集後記

このページでは、編集後記や編集部からのお知らせを掲載していきます。



▼2017年1月1日

新年あけましておめでとうございます。2017年。pdweb、いつの間にか10年目の年になりました。今年は何か特別企画を展開したいと考えています。
さて、モノ作りの世界はこの10年でどれくらい変わったのでしょう? 3Dプリンタやレーザーカッターが身近になり、デジタルファブやクラウドファンディングも当たり前になってきました。CADなどのソフトウェアもその使い方はより洗練されてきたと思います。そして何よりモノ作りの構造自体が徐々にパラダイムシフトしてきたように感じています。一言で言えばモノ作りのダウンサイジング。家電など、従来大企業でしか作れなかったモノが個人レベルでも作ることができるようになりました。次の10年はどうなるのでしょう? これからもデザインを軸に、モノ作りの世界のリアルをお伝えしていきたいと思います。(森屋)

次のコラムでは、ベルリンの博物館で展示されていた、古代エジプトの家具やアクセサリのデザインを採り上げてみた。興味深いのは、それらと現代の製品を比較してみても、基本的なアイデアや構造は、まったくといってよいほど変わっていないという点である。このことは、求められる機能や宝飾品をめぐる人間の欲望の本質的な部分が、ここ数千年に渡って変化していないことを意味するが、製造技術がデザインを規定してしまっているところもあるだろう。2017年には3Dプリンティングを中心に製造技術の大きな変革が続きそうだ。それらを活用した、想像を超えるデザインの登場に期待したい。(大谷)

実は12月の半ばに東京ビジネスアワードのテーマ賞を受賞しました。しかし1月末の公開プレゼンに向けて全然気が抜けない! やったー! と思う間もなく、慌ただしい年末年始です、みんな今までこんなだったのか、尊敬しちゃいますよ。(>_<)(片山)



●2016年の編集後記のバックナンバーは以下まで
http://pdweb.jp/editor/2016_index.shtml


●2015年の編集後記のバックナンバーは以下まで
http://pdweb.jp/editor/2015_index.shtml

●2014年の編集後記のバックナンバーは以下まで
http://pdweb.jp/editor/2014_index.shtml

●2013年までの編集後記のバックナンバーは以下まで
http://pdweb.jp/oldpdweb/editor/editor.shtml

●2013年までのお知らせのバックナンバーは以下まで
http://pdweb.jp/oldpdweb/editor/index.shtml

●2013年までのpdwebメールマガジンのバックナンバーは以下まで
http://pdweb.jp/oldpdweb/editor/mail_mag.shtml


 



「デザイナーズFILE 2017」刊行決定と2次募集のご案内

「デザイナーズFILE2017」の刊行が決定いたしました。
ご参加いただきましたデザイナー、建築家の皆様にお礼申し上げます。

なお、10月12日現在、ページにまだ空きがありますので、
10月28日(金)まで2次募集を行います。

若手のためのページ枠「NewComer」もご利用いただければ幸いです。
下記応募要項をご一読の上、この機会にぜひご応募願います。


・お申込み締切日
2016年10月28日(金)
・お申し込みメールアドレス
df2017@pdweb.jp
掲載料31,000円より(カラー2ページ見開き。税込)
(2016年10月12日更新)



「デザイナーズFILE 2017」刊行のご案内
新企画「スケッチ&プロトタイプ」もスタート!


イラスト
▲「デザイナーズFILE」2011年から2016年度版までのバックナンバー表紙

本年も、2017年3月の刊行を目指し、「デザイナーズFILE 2017」の制作を計画いたします。

本書はプロダクト、工業、インテリア、建築を網羅した「立体デザイン」の総合的な年鑑であり、
業界唯一の定番本としてご評価をいただいております。
掲載者の皆様からは、新規の仕事に結びついたとの声もいただいております。

皆様のこの1年間の仕事の足跡、日本のデザインの2015年の記録として、
ぜひ製品や作品を掲載いただければ幸いです。

・お申込み締切日
2016年10月7日(金)
・お申し込みメールアドレス
df2017@pdweb.jp
掲載料31,000円(カラー2ページ見開き。税込)


●仕様
書名:「デザイナーズFILE 2017」
プロダクト、インテリア、建築、空間などを創るデザイナーズガイドブック

体裁:B5判/オールカラー/300ページ
本体価格:3,100円 [本体2,870円+税]
刊行予定日:2017年3月
発行部数:3,000部(予定。献本分含む)

取り扱い出版社
ボーンデジタル(旧社名:ワークスコーポレーション)
http://www.borndigital.co.jp/

全国有名書店およびamazonなどネット書店系にて発売。

●ご参考:昨年度版アマゾン販売ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4862463282

・昨年版の目次(掲載者一覧)、プロダクト/建築冒頭各6ページ
→誌面サンプル


●掲載料と献本数

○31,000円(消費税込み。以下同)
B5判カラー見開き2ページ(2ページ以上のご参加も可能です)。

20代でプロ経験3年未満の新人デザイナーの方は
「New Comer 2017! 期待の新人デザイナー」枠もご利用いただけます。
掲載料:15,000円。
B5判カラー1ページ。

○献本数:10冊(掲載料と同額の冊数を献本させていただきます)
(New Comer枠は5冊)

●新企画「「スケッチ&プロトタイプ」」

本書に掲載いただいた作品、あるいは現時点でまだ製品化されていない(夢の製品なども含む)
「プロダクト/建築」のスケッチやモデルなどを掲載するページです。
デザイナーの皆様の脳内イメージをそのまま表現したスケッチは、読者やクライアントの関心の高いところです。
手描きスケッチ、レンダリング、模型、試作モデルなどをお寄せください。
1ページに作品1点~4点まで掲載可能です。
※本企画は第1章プロダクト系、第2章建築系の「本編」にご参加いただいた皆様を対象としておりますが、
ご希望がございましたので、本企画のみのご参加も可能とさせていただきます)
(本企画は献本の対象にはなりませんが、単独掲載の場合は献本対象となります)。

「スケッチ&プロトタイプ」の掲載料(単独掲載の場合):
31,000円(2ページ)

※「スケッチ&プロトタイプ」限定の割引キャンペーン
「本編」2P+「スケッチ&プロトタイプ」1P
定価47,000円→45,000円
「本編」2P+「スケッチ&プロトタイプ」2P
定価62,000円→60,000円
「本編」4P+「スケッチ&プロトタイプ」2P
定価93,000円→90,000円
この機会をぜひご利用願います。

●刊行に先立ち、掲載お申し込みを受付させていただきます。

10月7日(金)までに「掲載申し込み」のご連絡を
下記メールアドレスまでお願い申し上げます。
受付後、追って詳細、スケジュールをお知らせいたします。

df2017@pdweb.jp


※なお本書はプロフェッショナルのデザイナーを対象としております。作品、Webサイトなどを拝見し、編集部による審査を行わせていただく場合がございますので、あらかじめご了承願います。

●お申し込み締め切り日
2016
年10月7日(金)

○刊行が決定した時点で掲載料をお振り込みいただき、制作作業に入ります。

※お申し込みが予定人数(120組)に達しない場合、計画を中止する場合がございます。予めご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

〇ご不明な点はメール(df2017@pdweb.jp)、もしくは電話(03-3375-5395) にてお気軽にお問い合わせください。


以上、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。


デザイナーズFILE編集長
森屋義男
(2016年10月7日一部更新)
(2016年9月16日更新)



Copyright (c)2007 colors ltd. All rights reserved